外反母趾.com 〜手術治療〜



sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
gaihambosi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link




ここでは外反母趾の手術治療について説明していきます。

外反母趾を手術して治療するのは、サポーター療法や運動療法などの保存療法だけではなかなか改善が見られず、痛みの激しい場合や変形がひどく靴が履けない歩けないなどの日常生活に支障をきたすような重症者の場合に選択されます。
手術を行うと普通に歩くことが出来ないため、1〜2週間は入院する必要があります。片足の場合では松葉杖で歩くことは出来るので入院までする必要はないでしょう。
ちなみに手術にかかる費用は状況によってそれぞれ違いますが、大体10万円前後が自己負担になると言われています。それにプラス入院費用が別途加算されます。

手術後は場合によって痛みがあると言われています。痛みや腫れは徐々に収まり2,3日すると次第に引いていくでしょう。傷跡は施術法や状況によって変わり、残る人も居ればほとんど目立たないという人もいます。
また術後2週間ほどまでは基本的に安静にすることが原則です。術後2週間ほどしてから積極的に足指を動かしたりしてリハビリ運動を開始します。通常であれば2ヶ月ほどで歩行が問題なく行えるところまで治るでしょう。

外反母趾は再発しやすい病気です。かかりつけの医師の診断の元、適切なリハビリを行いつつ普段から予防対策をして外反母趾にならないよう努めてください。


外反母趾.comTOPへ

sponsored link



copyright©2010  外反母趾.com  All Rights Reserved