外反母趾.com 〜サポーター療法〜



sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
gaihambosi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link




外反母趾に効果的なサポーター療法についてご紹介していきます。

親指の根元が外側に曲がっていく外反母趾に対しては、親指を内側に抑える為の固定をしてあげるのが良いです。特に変形が早期の段階の場合は、サポーターやテーピングでの固定療法を行うだけで、個人差はあれど大半が完治するでしょう。変形がある程度進んでしまっている場合や痛みが激しい場合でも、固定療法は欠かせません。変形を防止抑制する役割の他にも、痛みを和らげ緩和してくれる役割も持っているからです。

テーピングやサポーターを使用する際は、患部の親指の変形状態によって巻き方が変わります。さらに伸縮性なども考慮し、病状によって選択するようにしましょう。巻き方や締め付け具合などは専門家の方から教えてもらい、そのあと継続して自分で行っていくのがベストでしょう。

サポーター療法は基本的に短期間で効果が期待できる治療法ではなく、どちらかというと長時間かけてゆっくりと治す治療法です。短時間で効果がなかなか見られないからと言って諦める必要はなく、じっくり治っていっていくものと思って焦らないようにして下さい。


⇒ 運動療法

外反母趾.comTOPへ

sponsored link



copyright©2010  外反母趾.com  All Rights Reserved